オートレースのオートバイについて

オートレースは、国内にある公営競技の1つであり、競馬、競輪、競艇に並ぶ競技なのです。


競馬では馬を利用します。
また、競輪では自転車、競艇ではボートを利用する競技で、オートレースではオートバイを利用するレースが行われるのです。このオートレースで利用されるオートバイは、普通のオートバイとは異なる点が多くあります。

一番の違いは、オートレースで利用されるオートバイにはブレーキと言うものが付いていません。しかし、ブレーキが付いていない場合、止まる時はどうするのでしょうか。オートレースで利用するオートバイのブレーキは、エンジンブレーキを利用して停止を行う事が可能です。
エンジンブレーキをかけることで徐々に減速をしていきますので停止を行う事が出来るのです。
しかし、ブレーキが付いていないのには訳があるのです。

レースを見ていると良くわかりますが、レース中は前の選手を追い越すために、大接近をするのです。

接触寸前となる事も少なくありません。もし、接触寸前の時や、後方から来る選手との間隔が無く、大接近をしている時にブレーキをかければ、そこで事故に繋がる事になり危険なのです。

そのため、レースに利用されるオートバイにはブレーキがつけられていないと言う事なのです。

また、オートレースはスピードと技術力を争うレースですので、少しでもオートバイの重量を軽くすると言う意味もあるのです。

レースに利用されるオートバイは、競争用に改造されたもので、競争車とも呼ばれます。

ブレーキの他にも、計器類が付いていません。
また、コーナーを回りやすく出来る事からも、左右のハンドルの高さが異なるという特徴を持ちます。

タイヤも、走行性を重視することからも三角のタイヤが利用されています。

フレームについても溶接で接続する部分は少なく、大半の接続箇所はボルトを利用して作られているのです。

これは、分解などを行い、メンテナンスを行い易くするために、ボルトが採用されていると言います。


ポンプ交換の詳細についてはこちらです。

あなたのご要望に応じた顔のたるみを消す方法ならこちらのサイトがオススメです。

飲食の求人に関する耳より情報です。

西葛西の賃貸情報探しのヒントをお教え致します。

顔の若返りサイトが一番おすすめです。