img-1

言語聴覚士の仕事とその必要性

言語聴覚士とはリハビリのスペシャリストで、国家資格の一つです。

リハビリのスペシャリストの資格にはおもに理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったものがあります。



その中で言語聴覚士は言葉を話す、聞く、食べるといったことをおこなえるように指導、訓練するリハビリの先生です。



事故や脳卒中などの病気、加齢などで言語に障害が出たり、飲み込みに障害が出たりします。生まれつき言葉の遅れがある方もいます。



そんな障害を持った方の社会復帰の手伝いをするのがおもな仕事になります。

飲み込みに障害が出るということですが、健康な人であれば咀嚼して飲み込むというのは当たり前にできる動作です。しかし加齢とともに飲み込みに必要な体の機能が低下し、その動作が簡単にはできなくなってしまいます。



食物を口に含めない、食物が飲み込みにくい、水分をとろうとするとむせてしまうなどといった障害のことをまとめて摂食嚥下障害といいます。言語聴覚士は、この咀嚼して飲み込むという動作に必要な器官の働きを高める訓練を行ったり、飲み込む反射を高めるためにマッサージや訓練をおこないます。

子どもの言葉の遅れなどの訓練をおこなうのも仕事の一つです。



語彙や文法を指導し訓練していき、「ことばの獲得」を目指します。



このように言語聴覚士は病院だけでなく、福祉施設や介護施設、また教育機関などでも必要とされている職業です。



高齢化社会の昨今、注目される職業の一つです。



関連リンク

img-2

専門分野の勉強を専門学校でする

有利に就職や、仕事に就くことを考えて、専門的な事を習うために専門学校があります。専門分野の試験を受ける資格、国家資格の受験資格を取得し、希望すれば試験を受けることができます。...

more
img-3

専門学校と大学の大きな違い

美容師資格や理容師資格は、大学では取ることのできない資格です。なんと言っても資格が取れることが、専門学校の魅力でしょう。...

more